ポートランド観光・まめちしき

観光中に知っておくと便利な豆知識(時差、天気、気候、交通機関など)

緊急電話

警察、救急車、消防車いずれも電話番号は「911」です。911であれば公衆電話からも小銭をいれずにかけることができます。

時差

日本とポートランドとの時差は、17時間です。日本の方が、17時間進んでいます。ただ、アメリカにはサマータイム(3月の第2日曜日午前2:00~11月第1日曜日午前2:00まで)があるので、その間の日本との時差は16時間になります。

気候と服装

秋と冬:10月くらいから4月くらいまでは、曇りと雨がとにかく続きます。雨季といってもいいくらいです。どんより暗い日と、雨がしとしと降ったり止んだり。防水加工のレインジャケット(レインウェア)があると便利です。地元の人は傘をささずに、レインウェアを着て、雨の中を過ごしています。冬は、ごくたまにですが、市内でも雪が降るほど寒い日があります。雪が積もると、街が機能しなくなる場合もあります。

春:4月から5月にかけては、曇りと雨がまだまだ続きますが、晴れる日も少しでてきます。そのおかげで気温が1日の間にコロコロ変わるので、暑くなったり寒くなったり、いったい何を着ればいいのかわからないほど。レインウェアなどの雨対策はもちろん、重ね着ができるもの、脱ぎ着が楽な格好が便利です。

夏:6月から9月の初旬にかけては晴れが続きます。ごくたまに異常な熱波に見舞われて、37度以上の猛暑になる日もありますが、それ以外は比較的カラッとして過ごしやすいです。ただ午前中は肌寒いことがあったり、冷房が効きすぎの店や施設もあるので、軽く羽織れる薄手のカーディガンか長袖のシャツを持っているといいかもしれません。噴水で遊べる公園もあるので、子供の水着があると楽しめます。夏の間は日が長いので、夜の9時くらいまで明るいです。

個人的にはポートランドのベストシーズンは6月から8月の末かなとおもいます。

交通&車

車の赤信号右折:車は右側運転で、赤信号でも(禁止とされている場所以外では)右折が可能です。そのため交差点で思ったより至近距離に車が横切って、びっくりすることが私にはありました。交差点ではくれぐれもベビーカーやお子さんが歩道からはみ出さないように気をつけてくださいね。

ガソリンスタンド:オレゴン州は、セルフサービスが法律で禁止されているので、ガソリンスタンドではすべて店員さんが対応します。自分でガソリンを入れずに、車に乗ったまま店員さんにガソリンを入れてもらってください。

スクールバス:スクールバスが止まったら、(ほとんどの場合、赤いライトが点滅またはスクールバスの横からSTOPサインがでてくる)必ず後ろの車も対向車もすべて停車しないといけない。

アルコール類:車内にフタ、包装などが開いた形跡のあるアルコール類があるのは違法。私は店でアルコール類を買ったら、念のためトランクに入れておきます。

公共交通機関 乗り方:よかったらブログの体験記事をご覧ください。

カーシート等(オレゴン州の法律 2017年時点)

  • *体重20パウンド(9kgほど)未満または1歳未満の乳児:後ろ向きチャイルドシート
  • *体重20パウンド以上40パウンド(18kgほど)未満の幼児:前向きチャイルドシート
  • *体重40パウンド以上または身長4’9”(150cm弱)未満の子供:ブースターシート
  • *身長4’9”(150cm弱)以上または年齢が8歳になっていて、大人用のシートベルトがきちんと体に合うのであればブースターシートなしでよい。
  • オレゴンDMV公式サイト(英語)

税金

オレゴン州ではなんとSales tax(日本の消費税に近い売上税)がゼロ!かかりません!だからお得な気分でお買い物を楽しめます。

治安

私は各エリアの犯罪についてまで詳しく存じ上げないし、再開発で劇的に変わってきている地域がかなりある為、このブログで治安の悪いエリアを明言することは控えたいと思います。ポートランドの治安は比較的良いといわれてはいますが、治安がよいとされている場所でも、ガラッと雰囲気が変わる時や場合はあるので油断はできません。特に、旅行中で訪れていて、土地勘のない方であれば、ご自分の直感を信じて、持ち物や身を守る意識を常に持って頂ければと思います。警察が犯罪の関する統計地図を毎月更新しているので、最近のデータを参考にされたい方はこちらから↓

ポートランド警察による地域ごとの犯罪統計地図(犯罪の件数によって色が濃くなる)

子育ての違い

アメリカでの子育ての考えや習慣は、日本と違うことが多々あります。

州によって法律も違いますが、特に車内、ホテル、家、その他施設などに子供たちだけを残して、親が離れてしまうことは、ほんの数分だけだからという軽い気持ちでも、通報される場合があります。

また、親からすればしつけであったとしても、子供に手をあげたり、人前で子供を大声でひどく怒鳴りつけたりすることも、他の人が見てそれを虐待ととらえられれば、通報される場合があります。