人気の観光地「Tom McCall Waterfront Park」は全長2.4キロ!場所で選ぼう(パート3)船の博物館&サタデーマーケット

  • トム・マッコール・ウォーターフロント・パーク(公式サイト
  • 住所:Naito Parkway沿い。SW Harrison StからNW Gilsan Stまでの、南北およそ約2.4キロの長距離に及ぶ
  • エリアダウンタウン
  • 営業時間:5:00am-夜中12時
  • 入場料:なし
  • トイレ:公衆トイレが何箇所かに離れて設置。(①South Waterfront Gardensのそば/②Hawthorne Bridgeのそば/③Taylor StとNaito Parkwayの交差点そば/④Ash StとNaito Parkway交差点のそば
  • おむつ変え:芝生やベンチ。但し観光地で人出も多いので汚れていることも多いです。
  • ベビーカーや車椅子のアクセス:ほぼOK/一部の川沿いは舗装がされていない
  • 食事:公園内であれば、週末に開催されている「Portland Saturday Market(ポートランド・サタデー・マーケット)」にはフード・ドリンクの店が出店。公園の南の端までいけば、飲食店が連なる部分がある。公園がとにかく広いので、場所によると思います。

 

トム・マッコール・ウォーターフロント・パークは南北に2.4キロものびていて、かなり長いので、歩いた部分を小分けにしてご紹介したいと思います。パート1パート2もよろしければご参考に。

今回ご紹介するのは、

Taylor StからBurnside Bridge(バーンサイド橋)まで

約8ブロックほどを歩きました。Taylor Stから数ブロック歩くと見えてくるMorrison 橋は地図でいうとこの辺りです。(地図

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND1Morrison Bridge(モリソン橋)が見えてきました。夜になると中央の柱部分がLEDライトで光ってきれいだそうです。私はまだ見たことがないのですが、いつか見てみたいな。

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND2モリソン橋を通り過ぎます。いらないものを全て取り払ったかのような、とてもシンプルなデザインの橋です。

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND3ところどころにベンチが設置されていて、ランチを食べて楽しんでいる人たちをたくさん見かけました。

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND4今度は船が見えてきました。こじんまりとした船ですが、なんと中は「Oregon Maritime Museum」という博物館だそうで、日本語だと「オレゴン海事センター & 博物館」という名称みたいです。

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND6中には入りませんでしたが、また機会があったら行ってみようかなと思いました。入場料や開館時間などの詳細は公式サイトのこのページで確認できます。(公式サイト詳細ページ

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND7私は船について詳しくないので、違っているかもしれませんが、船の後ろ側にパドルが付いた外輪船で、レトロな雰囲気でした!

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND8ちょっと見えにくいですが、Ash St(アッシュ・ストリート)を通り過ぎた辺りに、公衆トイレが見えました。写真中央のシルバーの小さな建物がそうです。住所は66 SW Naito Parkway
Portland, OR 97204(地図)

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND9少し歩くとBurnside Bridge(バーンサイド橋)が見えてきました。

TOM MCCALL WATERFRONT PARK – OYAKO PORTLAND10今日の終点はこちら。バーンサイド橋の手前周辺で開かれている「Portland Saturday Market(ポートランド サタデー マーケット)」。工芸品、ジュエリー、アートなどのブースがあったり、フードやドリンクを扱うブースもあったりで週末はたくさんの人で賑わっています。土曜日と日曜日に開催されているようです。(時間帯などの詳細はこちら

 



*2017年11月時点での情報です。情報が古くなっていた場合はご了承ください。ご紹介した施設等は、アメリカ祝日や諸事情で営業時間等を変更する場合がございます。最新情報は必ず公式サイトをご確認ください。当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。当ブログ内の文章・画像等、内容の無断転載及び複製等の行為は禁じます。 Oyako Portland ©ALL RIGHTS RESERVED.